トップページ > 暮らしの情報 > 人権 > 人権政策課の主な啓発活動です

人権政策課の主な啓発活動です

最終更新日:2018年9月18日

同和問題啓発強調月間(7月1日〜7月31日)

  福岡県及び福津市では、同和問題の早期解決を目指して、昭和56年度から毎年7月を「同和問題啓発強調月間」と定め、同和問題の対する正しい理解と認識を深め、解決を図るための啓発活動を行っています。

街頭啓発

  7月1日(土曜・日曜日の場合は翌月曜日)に、市長をはじめ行政や各種関係団体の方々で、啓発物品を配布しています。

  • JR福間駅
7:30〜
  • ルミエール福津店
13:30〜
  • レガネット福津
15:30〜

JR福間駅での街頭啓発    ルミエール福津店での街頭啓発
 JR福間駅での街頭啓発  ルミエール福津店での街頭啓発

人権パネルの展示

  市内の小・中学生が描いた人権ポスターをパネルにして、同和問題啓発強調月間の期間中に市内の公共施設に展示します。市内の子どもたちの力作をぜひご覧下さい。
  また、人権パネルは年間を通して貸し出しも行っています。詳しくは、人権政策課までお問い合わせ下さい。

福津市立図書館での展示   
 福津市立図書館での展示

懸垂幕、看板、幟の設置

  福津市役所の庁舎をはじめ、市内の公共施設に懸垂幕や看板、幟を設置しています。

市役所の懸垂幕    カメリアの看板    JR福間駅の幟
 市役所の懸垂幕  カメリアの看板  JR福間駅の幟

広報車による啓発活動

  市内を広報車が巡回して、啓発活動を行っています。

広報車による啓発   
 広報車による啓発

人権週間(12月4日〜12月10日)

  1948年12月10日に、国際連合の第3回総会で「世界人権宣言」が採択され、この日を「人権デー」と定めて、人権思想の啓発のための行事を実施するように呼びかけられました。
  日本では、1949年(昭和24年)から、毎年12月10日を最終日とする1週間を「人権週間」と定めて、全国的に啓発活動を展開することにより、広く国民に人権意識の高揚を呼びかけています。

街頭啓発

  12月4日(土曜・日曜日の場合は翌月曜日)に、市長をはじめ行政や各種関係団体の方々で、啓発物品を配布しています。

  • JR福間駅
7:30〜
  • ルミエール福津店
13:30〜
  • レガネット福津
15:30〜

人権ポスター・パネル展

  市内の小・中学生及び高校生が描いた人権ポスターとパネルを、人権週間の期間中に福津市中央公民館に展示しています。市内の子どもたちの力作をぜひご覧ください。
  また、男女がともに歩む一行詩や、人権の花運動の写真も展示しています。

福津市中央公民館での展示   
 福津市中央公民館での展示

人権講演会

  期間中の土曜日に福津市人権講演会を実施しています。平成29年度は、NHK大相撲解説者の舞の海秀平さんの講演では、ホールが満席になる大盛況でした。平成30年度は、俳優の宇梶剛士さんをお招きする予定です。

舞の海秀平さん    講師を囲んで
 舞の海秀平さん  講師を囲んで
(手話サークル「ひまわり」の皆さんと)

平成30年度の福津市人権講演会(予定)


  • 日時:平成30年12月8日(土)
     12:30〜 受付
     13:00〜 開会、男女共同参画表彰式
     13:30〜 人権講演会
  • 会場:福津市中央公民館
  • 講師:俳優 宇梶 剛士さん
  • 演題:「転んだら、どう起きる?」(仮)
   宇梶 剛士さん


懸垂幕、看板、幟の設置

  福津市役所の庁舎をはじめ、市内の公共施設に懸垂幕や看板、幟を設置しています。


広報車による啓発活動

  市内を広報車が巡回して、啓発活動を行っています。

通年事業

人権作文集「きずな」

  市内小中学校の児童・生徒及び県立光陵高等学校、古賀竟成館高等学校の生徒による人権作文や人権標語、人権ポスターを、作文集にまとめて配布しています。

平成24年度    平成25年度    平成26年度
 平成24年度  平成25年度  平成26年度
  
平成27年度    平成28年度    平成29年度
 平成27年度  平成28年度  平成29年度

人権啓発冊子

  様々な人権課題(同和問題、女性、子ども、高齢者、障がい者、外国人など)に気づき、考えてもらうための参考資料となるような啓発冊子を作成し配布しています。

平成24年度    平成25年度    平成26年度
 平成24年度  平成25年度  平成26年度
  
平成27年度    平成28年度    平成29年度
 平成27年度  平成28年度  平成29年度

人権の花運動

  福岡県人権啓発活動ネットワーク協議会では、ひまわりを人権の花として定めています。これは、ひまわりが外国で「太陽の花」と呼ばれていることと、花言葉が「あなただけを見つめる」ということに由来しています。
  人権の花運動は、ひまわりを育てることを通して、生命の尊さや協力することの大切さを実感することを目的としています。福津市では、平成20年度から毎年、市内小学校の中から1校と幼稚園・保育所の中から2園(所)で取り組んでいます。
  4月から5月にかけてひまわりの種をまき、7月には花を咲かせることができるように、児童・園児が水やりなどのお世話をしています。また、10月には人権擁護委員さんによる「人にやさしくできる勉強会(人権学習会)」を行います。
  大輪の花を咲かせるひまわりのように、人権尊重の意識が福津市の隅々まで広がっていくことを願っています。

説明をよく聞いて種の植え付け    世話をしっかりします    立派な花を咲かせました
 説明をよく聞いて種の植え付け  世話をしっかりします  立派な花を咲かせました

人権映画会

  市内小学校4年生以上と中学生を対象として、人権啓発に関する映画を観賞するための人権映画会を実施しています。

問い合わせ
市民部 人権政策課  電話:0940-43-8129  FAX:0940-43-3168