福津市 定住化情報プラザ

トップページ > 空き家バンク制度

空き家バンク制度

空き家バンク制度を活用しませんか?


  空き家バンクとは

市内空き家物件の情報を、市が窓口やホームページなどで発信し、定住を希望する人に紹介することにより、安心して売買・賃貸の契約を行える制度です。


  • 契約の仲介は、市と協定を結んだ市内の不動産業者が行います。
  • 成約時には宅地建物取引業法が定める仲介手数料を宅地建物取引業者にお支払いください。
  • 売買・賃貸が困難な物件(所有者の意思不明、相続登記不能など)については、ご利用をお断りする場合があります。

次のような方に登録をおすすめします

  • 空き家の管理に困っている人
  • 売買、賃貸を検討中の人
  • 個人間の不動産取引に不安のある人

 物件登録の手続き

空き家の売買・賃貸契約を希望する場合、まずは市に物件の登録申請をお願いします。
不動産業者が物件調査に伺います。後日、市公式ホームページに物件情報を掲載します。

 空き家バンク物件の購入・賃貸を利用するには、利用者登録が必要です

市への定住を目的として空き家の購入・賃貸を希望する場合、利用者登録申請をお願いします。その後、気になる物件について、不動産業者の仲介のもと、空き家所有者様と契約の交渉・成立となります。

 不動産業者として事業者登録を希望する場合は、事業者登録が必要です

空き家バンクの仲介業者となるには、事前に市に事業者登録を行う必要があります。
登録後、市のホームページに空き家バンク登録事業者として掲載され、物件調査や交渉の依頼があった際に、調査・媒介業務を行っていただきます。

空き家バンク要綱(PDF)  事業者登録表(全日福岡県本部)(PDF)
様式集(PDF)  事業者登録表(福岡県宅建協会)(PDF)