令和4年度以降の成人式についてのお知らせ

更新日:2021年11月01日

これまでどおり年度内に20歳になる人を対象として開催します

 

 平成30年6月13日に「民法の一部を改正する法律」が成立し、令和4年(2022年)4月1日から民法の定める成年年齢が18歳に引き下げられることになりました。

 民法改正後の成人式の対象年齢について、全国的にも大きな関心が寄せられていますが、これから成人式を迎える皆さんの不安を早期に解消するため、検討を重ねてきました。

 検討の結果、下記の4点を主な理由として、福津市成人式は民法改正後もこれまでどおり「20歳になる日の前日が属する年度の人を対象」として開催することとしました。

 

  • 改正法施行年度に3学年同時に成年を迎えるため、開催の準備や式典に混乱が生じる可能性がある
  • 18歳を対象とした場合、受験や就職等進路に関わる重要な時期にあたるため、出席できない方が多数発生する可能性があり、加えて家計への経済的な負担が集中、増大することが懸念される
  • 20歳を対象に開催することで、進学や就職などで一時的に福津を離れている人が帰省し、地元の良さや同級生らとの絆を再認識できる機会となる
  • 民法上の成年年齢は引き下げられるものの、飲酒や喫煙、公営ギャンブルなどの一部権利は20歳が維持される

 

式の名称が変わります(令和3年10月決定)

 令和4年度以降の式の名称等については、次のとおりとなります。

名称

  •  福津市 二十歳のつどい(はたちのつどい)

開催の目的

  •  二十歳を迎えた若者を激励し、責任ある大人としての自覚を促す
  • ふるさと福津への愛着を深め、地域社会への参加を意識する契機とする

開催日

  •  成人の日(1月第二月曜)の前日

 ※開催日はこれまでと変更はありません

 

このページの作成部署Signature

教育部 郷育推進課 青少年活躍推進係
〒811-3293 福津市中央1丁目1番1号
市役所別館2階
電話番号:0940-62-5078
ファクス番号:0940-43-9004

メールでのお問い合わせはこちら