福津三十六景 15 津屋崎海岸

更新日:2020年04月01日

福津三十六景 15

津屋崎海岸(つやざきかいがん)

真っ青な海で静かなさざ波が立っている津屋崎海岸の写真

漁港から中川までの砂浜の海岸です。
遠浅で、玄界灘の荒々しいイメージとは趣が異なる穏やかな海で、昔は、大潮干潮時には200メートル以上沖まで砂浜が広がっていました。最近は、砂の減退など様 々な原因で砂浜が減少し、西側はほとんど水没してしまいました。
「貝寄せの浜」と呼ばれるほど、貝殻の漂着が多く、サクラガイなどのきれいな貝殻が波打ち際に多数見られます。 海水浴場は昭和の香りがする昔ながらの海の家が並んでいて、一部は通年で民宿や料理店として営業しています。
海水浴場には、平成13年にオープンした市の福祉施設「潮湯の里夕陽館」があり、福津市民は300円、福津市外の人は500円というリーズナブルな料金で、地下海水を沸かした潮湯の風呂に入ることができます。

ピックアップフォト

男性たちによるビーチサッカーの試合で蹴られたボールが上に上がりそのボールを競って取ろうとしてる写真
男性たちによるビーチサッカーで3名の選手がボールを取ろうと競っている写真
男児たちがサッカーのユニフォームのままで海に入っている写真
真っ青な海で静かなさざ波が立っている津屋崎海岸の写真

インフォメーション

津屋崎海岸

住所

福津市津屋崎付近

アクセス

電車

JR福間駅下車、タクシーで約10分

バス

西鉄バス 「津屋崎浜」から徒歩3分

国道495号線天神町交差点に入る
津屋崎交番近く、新川沿いの駐車場をご利用ください(20台)

関連ページ

このページの作成部署Signature

まちづくり推進室 広報・マーケティング係
〒811-3293 福津市中央1丁目1番1号
市役所本館2階
電話番号:0940-43-8113
ファクス番号:0940-43-3168

メールでのお問い合わせはこちら