増えている梅毒に注意を!

更新日:2023年07月27日

梅毒の感染者数が増加しています

全国的に梅毒の感染者が増加しています。

福岡県でも令和4年の感染者数が過去最高となっており、令和5年においても、令和4年をさらに上回るペースで感染が拡大しています。

福岡県では、以下の啓発チラシやホームページなどを通して、感染の予防、気になる症状がある場合に医療機関での受診や保健所での受検を呼びかけています。

梅毒について

●梅毒トレポネーマという病原体により引き起こされる感染症です。

●主に、性的接触により、口や性器などの粘膜や皮膚から感染します。

●男性は20歳代から50歳代、女性は20歳代の患者が増えています。

●多数の相手と性的接触を持つと感染する(感染させる)リスクが高まります。

●コンドームの適切な使用により感染リスクを減らすことができます。

●早期に発見することで、適切な治療による治癒が可能です。

●症状がある時や不安な時は、早めに医療機関や保健所で検査を受けましょう。

※検査が受けられる保健所などについては、以下のホームページでご確認ください。

 

このページの作成部署Signature

健康福祉部 いきいき健康課 健康づくり係
〒811-3218 福津市手光南2丁目1番1号
市健康福祉総合センターふくとぴあ 健康福祉館1階
電話番号:0940-34-3351
ファクス番号:0940-34-3335

メールでのお問い合わせはこちら

より良いホームページにするために皆さんのご意見をお聞かせください
このページの内容は参考になりましたか
このページの内容は分かりやすいものでしたか

このページは探しやすかったですか