熱中症に注意しましょう

更新日:2022年08月08日

救急搬送が増えています

連日、猛暑日が続き、宗像管内では6月26日から8月6日までに40人が熱中症で救急搬送されています。(8月8日現在)

若い世代も熱中症と無縁ではありません。
熱中症を予防するためにエアコンを上手に活用したり、涼しい場所を利用したりしましょう。

 

宗像地区の熱中症での搬送者数
期間 生後28日未満

28日~

7歳未満

7~17歳 18~64歳 65歳以上 合計
6/26~7/16 0 0 8 9 9 26

7/17~7/23

0 0 1 1 0 2

7/24~7/30

0 0 0 1 7 8
7/31~8/6 0 0 1 0 3 4

市内の涼感穴場スポット

カメリアステージ図書館は、1階に雑誌・コミック、新聞の閲覧コーナー、2階にはAVコーナーや自習のための学習室もあります。

詳しくはこちら(カメリアステージ図書館ホームページ)をご覧ください。

カメリアステージ図書館

エアコンを上手に使いましょう

エアコンを上手に使えば、快適に過ごせるだけでなく、省エネにもなります。エアコンを上手に使って熱中症を防ぎましょう。

エアコンの温度調整する女性

カーテンを閉めましょう

カーテンやすだれで日差しを遮ることでエアコンの運転効率が良くなります。カーテンは床まで届くものが効果的です。

エアコンの掃除をしましょう

エアコンのフィルターはホコリや湿気で目詰まりします。1カ月に1~2回掃除をすることでエアコンの効きが良くなるだけでなく省エネにもなります。

エアコンの掃除をする女性

設定温度は28度を目安にしましょう

部屋の外との温度差が大きすぎると体調を壊すこともあるので、冷やし過ぎには注意しましょう。

エアコンの温度調整をする男性

室外機のまわりを整理しましょう

室外機の吹出口付近に物を置くとエアコンの運転効率が悪くなります。室外機は風通しの良いところに設置しましょう。

室外機

風向きを上手に調整しましょう

風向き板を水平にしましょう。扇風機を併用すれば、風が体にあたると涼しく感じ省エネにもなります。

暑さ指数(WBGT)を活用しましょう

暑さ指数(WBGT)とは、Wet-bulb Globe Temperature(湿球黒球温度)の略称です。人体と外気気温、湿度、輻射熱の3要素を用いて算出された指標で、熱中症の発生のしやすさの目安となります。

詳細は「環境省 熱中症予防情報サイト」から見ることができます。 

 

日常生活に関する指針

WBGT日常生活における指標

※(28~31度)および(25~28度)については、それぞれ28度以上31度未満、25度以上28度未満を示しています。

日常生活における熱中症予防指針(「日常生活における熱中症予防指針」Ver.3確定版)

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

新型コロナウイルスの出現に伴い、感染防止の3つの基本である(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の「新しい生活様式」が求められています。このような「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントは以下のとおりです。高齢者、子ども、障がい者の方々は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。3密(密集、密接、密閉)を避けつつ、周囲の方からも積極的に声かけをするようにしましょう。

1 暑さを避けましょう

冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。この場合室内温度が高くなるので、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で療養するようにしましょう。

2 適宜マスクをはずしましょう

新生活様式での熱中症予防

このページの作成部署Signature

健康福祉部 いきいき健康課 健康づくり係
〒811-3218 福津市手光南2丁目1番1号
市健康福祉総合センターふくとぴあ 健康福祉館1階
電話番号:0940-34-3351
ファクス番号:0940-34-3335

メールでのお問い合わせはこちら