住民票とマイナンバーカードの旧姓併記

更新日:2020年04月01日

 2019年11月5日(火曜日)から住民票やマイナンバーカードの氏名欄に、結婚などにより変更した旧姓(旧氏:きゅううじ)を併記することができるようになります。これにより、旧姓の各種証明の際に使用できます。なお、申請には別途手続きが必要です。

旧姓とは
その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載されています。

記載できる旧姓

  • 旧姓を初めて記載する際は、戸籍に記載されている過去の姓から1つ選んで併記することができます。
  • 一度記載した旧姓は、婚姻等により姓が変更されていてもそのまま記載できます。
  • 旧姓は、他市町村に転入しても引き続き記載できます。
  • 必要がなくなった場合には、旧姓併記を削除することができます(別途要申請)。ただし、その後は姓が変更した場合に限り、削除後に称していた旧姓の記載ができます。

旧姓を併記する手続き

  1. 旧姓が記載されている戸籍(除籍)謄本等から現在まで繋がる戸籍謄本を持参して、住民登録をしている市区町村で申請する。
  2. 申請の際は、マイナンバーカード(写真付き)または通知カード【通知カード持参の場合は免許証などの本人確認書類も必要】を持参してください。

旧姓を併記したい場合は、当該旧姓の記載されている戸籍謄本等から現在の氏が記載されている戸籍に至るすべての戸籍謄本等が必要です。

旧姓(旧氏)併記について詳しい説明は総務省ホームページをご覧ください。

このページの作成部署Signature

市民部 市民課 市民係
〒811-3293 福津市中央1丁目1番1号
市役所本館1階
電話番号:0940-43-8103
ファクス番号:0940-43-8154

メールでのお問い合わせはこちら