福津三十六景 36 福津の空

更新日:2020年04月01日

福津三十六景 36

福津の空(ふくつのそら)

晴天の日の福津の町並みと空の写真

空が三十六景?と驚かれるかもしれませんが、現代では、空はどこにでもあるけど、どこでも見られないものになっています。
例えば都会のど真ん中では、空は四角いビルに切り取られてしまい、ほんの少ししか見えません。
福津市は、まち全体の標高が低く、平坦で、高い山もないため、視界いっぱいに広がる大きな空を見ることができます。
田んぼの畦道に腰掛けて、次々と形を変えていく雲、時の移ろいと共に色が変わっていく空を眺めて、癒しのひと時を楽しみましょう。

ピックアップフォト

夕日が沈む前の赤々と光っている海の写真
晴天の日の福津の町並みと空の写真
薄い紫色に染まる空と海の写真
晴天の日中の青い海と空が広がっている写真

このページの作成部署Signature

まちづくり推進室 広報・マーケティング係
〒811-3293 福津市中央1丁目1番1号
市役所本館2階
電話番号:0940-43-8113
ファクス番号:0940-43-3168

メールでのお問い合わせはこちら