こどもの予防接種

更新日:2023年12月20日

予防接種法で定められている定期予防接種は、対象期間の間、無料(公費)で接種を受けることができます。

個別接種で行っていますので、医療機関に電話などで予約をして接種を受けてください

予防接種を受ける子どものイラスト

接種の際に必要なもの

  1. 予診票(福津市が発行したもの)
  2. 母子健康手帳
  3. 子ども医療証・健康保険証(住所、氏名、年齢などの確認のため)
  • 転入や紛失等で福津市の予診票がお手元にない場合は、母子健康手帳(及び予防接種の記録のわかるもの)をお持ちの上で、子育て世代包括支援センター(市役所本館6番窓口)までお越しください。接種記録を確認し、福津市の予診票をお渡しします。

 長期にわたり療養を必要とする疾病にかかり、対象期間内に定期予防接種(ロタウイルスを除く)を受けることが出来なかった人は、特例として定期接種として予防接種を受けられる場合があります。子育て世代包括支援センター(市役所本館6番窓口)までお問い合わせください。

乳幼児期の定期予防接種 

予防接種の種類

回数

対象年齢

ヒブ

1~4回
接種開始月齢で回数が異なります

生後2カ月~60カ月(5歳)未満

小児用肺炎球菌

1~4回
接種開始月齢で回数が異なります

生後2カ月~60カ月(5歳)未満

B型肝炎
母子感染予防で接種した人は対象外

3回

生後12カ月(1歳)未満
標準の接種期間は生後2カ月~9カ月の間での3回接種です。

BCG

1回

生後12カ月(1歳)未満
標準の接種期間は生後5カ月~8カ月です

三種混合
(百日咳・ジフテリア・破傷風)

4回

生後3カ月~90カ月(7歳半)未満

ポリオ
(不活化ワクチンによる)

4回
(経口(飲む)生ワクチンを1回接種した人は3回)

生後3カ月~90カ月(7歳半)未満
経口(飲む)生ワクチンを2回接種した人は不活化ワクチンの接種は不要です

四種混合
(百日咳・ジフテリア・破傷風・不活化ポリオ)

4回

生後2カ月~90カ月(7歳半)未満

※令和5年4月1日から、接種対象年齢が生後2カ月~となり、接種対象者が拡大されました。
三種混合、ポリオどちらも未接種の人が対象となります

日本脳炎1期

3回

生後6カ月~90カ月(7歳半)未満

麻しん・風しん混合(MR1期)

1回

生後12カ月(1歳)~24カ月(2歳)未満

麻しん・風しん混合(MR2期)

1回

次年度就学予定の人
(幼稚園、保育園の年長児に相当する人)

水痘(水ぼうそう)
水ぼうそうにかかった人は対象外

2回

1歳~3歳未満
3カ月以上の間隔をおいて2回接種

ロタウイルス

ロタリックス(2回)

ロタテック(3回)

初回接種は、出生14週6日後までに完了させることが望ましい。

ロタリックス:出生6週0日後~24週0日後

ロタテック:出生6週0日後~32週0日後

学童期の定期予防接種

対象になるときに予診票を送付しています。

予防接種の種類

回数

対象年齢

二種混合
(ジフテリア・破傷風)

1回

11歳~13歳未満

日本脳炎2期(注釈1)

1回

9歳~13歳未満

子宮頸がん(注釈2)

2回もしくは3回

※1回目の接種を9価ワクチン(シルガード9)で15歳になるまでに受ける場合は2回。

小学6年生~16歳になる年度(高校1年生相当)の女子
 

  • (注釈1)平成17年度から平成21年度まで行われていた接種の差し控えにより、日本脳炎の予防接種が不足していると考えられる平成7年4月2日~平成19年4月1日生の人は、20歳未満の間、定期予防接種として接種を受けられます。

 

  • (注釈2)令和4年4月より積極的勧奨が再開されました。詳しくは、こちらのページをご確認ください。

このページの作成部署Signature

こども家庭部 子育て世代包括支援センター
〒811-3293 福津市中央1丁目1番1号
市役所本館1階 6番窓口
電話番号:0940-34-3352
ファクス番号:0940-42-6939

メールでのお問い合わせはこちら

より良いホームページにするために皆さんのご意見をお聞かせください
このページの内容は参考になりましたか
このページの内容は分かりやすいものでしたか

このページは探しやすかったですか