福津市総合防災マップ

福津市総合防災マップの表紙の画像

大雨、洪水、土砂災害、地震、津波、高潮などの自然災害はいつやってくるか分かりません。
この総合防災マップを活用し、地域に存在する危険箇所を把握して、日ごろの備えと地域の自主防災活動に取り組みましょう。

総合防災マップの使い方

総合防災マップを利用して、普段生活している地域の状況(危険な箇所や過去の災害実績など)をみなさんで書き込み、災害時に有効に活用できる、家族のオリジナルマップを作成しましょう。

自宅の位置に印をつけましょう

1. 自宅の位置を確認する。
自宅の位置に印をつけましょう。

地図面から自宅周辺にある土砂災害警戒区域等、浸水想定区域を確認してください。

2. 土砂災害警戒区域等、浸水想定区域を確認する。
地図面から自宅周辺にある土砂災害警戒区域等、浸水想定区域を確認してください。

3. 土砂災害、浸水被害以外の危険な場所を確認する。
自宅周辺で、地震発生時等に危険と思われる場所を追記してください。

地図面に記載されている、土砂災害、浸水被害、地震に対して安全な指定避難所等の「名前」と「場所」を確認してください。

4. 避難する場所を確認する。
地図面に記載されている、土砂災害、浸水被害、地震に対して安全な指定避難所等の「名前」と「場所」を確認してください。

安全な指定避難所等までの避難経路を考えて記入してください。危険の少ない経路を選びましょう。

5. 避難経路を考える。
安全な指定避難所等までの避難経路を考えて記入してください。危険の少ない経路を選びましょう。

6. 災害時の対応を考える。
「自宅周辺の危険な箇所」「指定避難所等」「避難経路」について、家族やご近所の方と話し合ってください。情報を共有し、いざというときに協力し合うことが大切です。

7. 自分の目で確認する。
2~6で確認した施設や経路について、実際に歩いて確認しましょう。

8. 非常持ち出し品を準備する。
15ページの「非常持ち出し品と備蓄品」を参考に、避難するときに持ち出すものを準備しましょう。

9. わが家の防災メモを記入する。
避難先や家族の集合場所、また、安否確認のための家族や知人の連絡先等を確認し、表紙にある「わが家の防災メモ」に記入しましょう。

情報伝達の経路

市では、災害発生のおそれのあるときや、災害の発生が確実なときには災害対策本部等を設置し、対応します。
また、災害発生の危険が高まり、避難が必要となる場合には、避難情報を発表します。内容と周囲の状況に注意して行動しましょう。

情報伝達の経路の図

防災すまっぽん

スマートフォンに防災情報を集めました。家族みんなで持ち運びできる防災マップです。

総合防災マップ

PDF版

一括ファイル

容量が大きいため、ダウンロードの際はご注意ください。

このページの作成部署Signature

総務部 防災安全課 安心安全まちづくり係
〒811-3293 福津市中央1丁目1番1号
市役所本館2階
電話番号:0940-43-8107
ファクス番号:0940-43-3168

メールでのお問い合わせはこちら