市が収集しないもの

更新日:2021年03月12日

「令和3年度 福津市 家庭ごみの出し方」パンフレットにも詳しく記載しております。以下のファイルをご覧ください。

令和3年度 福津市 家庭ごみの出し方(PDFファイル:5.3MB)

家電リサイクル対象品目

家電リサイクル法により、市では受け入れることができません。

対象品目

  • テレビ(ブラウン管式、液晶式、プラズマ式)
  • エアコン(本体、室外機)
  • 冷蔵庫(冷凍庫)
  • 洗濯機
  • 衣類乾燥機

処分方法

運搬等含めて自分で行う場合

「リサイクル料金」が必要です。

  • 家電リサイクル券センター」のホームページ等で「リサイクル料金」を調べる。(家電の種類や製造メーカー、大きさ等によって料金は異なります)
  • 郵便局で「家電リサイクル券」の手続きと「リサイクル料金」を支払う。
  • 廃棄する家電に貼付け、指定引取場所に持っていく。(場所は「家電リサイクル券センター」のホームページで調べられます)

運搬等含めて業者等に依頼する場合

「収集運搬料金」と「リサイクル料金」が必要です。

  • 買い換えをする販売店や以前購入した販売店に引取りを依頼する。
  • 買い換えではない、以前購入した販売店が遠隔地や廃業しているなど、依頼することが困難な場合は、お近くの販売店か、市収集許可業者(西村産業、林田産業、津屋崎清掃社)にご相談ください。

パソコン(デスクトップ本体、ノートパソコン、ディスプレイ(ブラウン管式、液晶式))

対象品目

販売時にパソコンに同梱されていたものを含みます(キーボード、マウス、ディスプレイ、ケーブルなどの購入した時の標準添付品)。

ワープロ及びプリンターやスキャナー、また販売店等で別に購入したキーボード等の周辺機器は対象外です(市で収集できます)

処分方法

直接製造メーカーにインターネットや電話で回収を申し込む

※メーカーが倒産している場合や自作パソコンの場合は、以下へ申し込んでください。

パソコン3R推進協会」 電話番号03-5282-7685

PCリサイクルマークのないパソコン(平成15年10月以前に購入されたもの)は、リサイクル料金が必要です。

リネットジャパンリサイクル株式会社に依頼する

国から小型家電リサイクル法の認定を受けている認定事業者(リネットジャパンリサイクル株式会社)と連携し、パソコン・小型家電の回収を行っております。インターネットもしくはファクスから申込みをして、宅配業者が自宅まで回収にくるサービスです。回収料金・申込み方法は下記のとおりです。
なお、市がリネットジャパンリサイクル株式会社と連携しているため、パソコンを含んだ回収をする場合、無料(初めて依頼をする場合、縦・横・高さの合計が140cm以内かつ20kg以内の1箱のみ)でサービスを受けることができます。

利用方法
  1. 申し込み
    • インターネット
      リネットジャパンリサイクル株式会社」の申し込みフォームで必要事項を入力して申し込む
    • ファクス
      以下のファクス専用申込書(うみがめ課窓口にもあります)を印刷して、記入して申し込む
  2. パソコンをダンボール箱などにつめる
  3. 希望した日時(最短で翌日)に、回収に来た宅配業者に引き渡す

リネットジャパンリサイクル株式会社 ファクス申込案内・申請用紙(PDFファイル:1.7MB)

その他収集できないごみ

以下のものは、法律または処理工程上の理由によって市では収集できません。販売店に引き取ってもらうか、専門業者に処理を依頼してください。

  • 消火器(中身を使い切っていれば分別収集の不燃粗大で出せます)
  • ボンベ
  • バイク(50ccのみガソリン・オイルを抜いてバッテリーを外せば、分別収集の不燃粗大に出せます)
  • タイヤ
  • バッテリー
  • 自動車部品
  • 耐火金庫
  • ボウリングの球
  • 特殊な機械
  • 農業に伴いでたもの(農業用ビニール、トレー、マルチ、農業用機械等)
  • ピアノ
  • 建築廃材
  • 医療用廃棄物
  • 土、砂、石
  • 産業廃棄物

専門業者の問い合わせは、公益社団法人福岡県産業資源循環協会(電話番号:092-651-0171)にお願いします 。

このページの作成部署Signature

地域振興部 うみがめ課 資源リサイクル係
〒811-3293 福津市中央1丁目1番1号
市役所別館1階
電話番号:0940-62-5019
ファクス番号:0940-43-9005

メールでのお問い合わせはこちら
より良いホームページにするために皆さんのご意見をお聞かせください
このページの内容は参考になりましたか
このページの内容は分かりやすいものでしたか