令和2年8月3日にウミガメの上陸・産卵を確認しました

更新日:2020年08月05日

産卵場所で確認されたウミガメ

産卵された105個の卵

令和2年8月3日午後10時40分、地元の保護団体「勝浦うみがめ塾」が、勝浦海岸でウミガメの上陸・産卵を確認しました。

その後、市職員と共に、産卵場所を調査したところ、105個の卵を確認しました。

今回、上陸・産卵したウミガメ
ウミガメの種類 アカウミガメ
直甲長 86センチメートル
甲幅 66.5センチメートル

これまでの上陸・産卵状況

市内の海岸にてアカウミガメが上陸・産卵したのは、平成30年6月以来、2年ぶりです。

また、市内で確認された産卵は、昭和62年から今回含めて38回目となりました。

皆さんへお願い

6月1日から10月31日まではウミガメが市内の海岸で産卵、ふ化する可能性の高い時期です。ウミガメが安心して産卵し、ふ化できる環境づくりのために、以下の協力をお願いします。なお、ウミガメの捕獲や卵の採取は市の条例で禁止しています。また、市内の海岸でウミガメを発見した場合は、生死にかかわらず、市うみがめ課(夜間休日は市代表電話 0940-42-1111 )にご連絡ください。

砂浜へ車を乗り入れないでください

車の重みで卵が押しつぶされたり、タイヤの跡に行く手を遮られたりして、ふ化したばかりの子ガメが海に変えられなくなることがあります。

砂浜を明るくしないでください

車のヘッドライトや花火、たき火、たばこの火などの光があると、ウミガメは警戒して砂浜に近づくことができず、産卵できません。また、ふ化したばかりの子ガメは、光の方向に歩き出す習性があるため、海へ帰ることができなくなります。

砂浜で大きな音を立てないでください

花火や大声などの大きな音が聞こえると、ウミガメは警戒して砂浜に近づけず、産卵できません。

このページの作成部署Signature

地域振興部 うみがめ課 環境づくり係
〒811-3293 福津市中央1丁目1番1号
市役所別館1階
電話番号:0940-62-5019
ファクス番号:0940-43-9005

メールでのお問い合わせはこちら
より良いホームページにするために皆さんのご意見をお聞かせください
このページの内容は参考になりましたか
このページの内容は分かりやすいものでしたか

このページは探しやすかったですか