市長の部屋

ようこそ市長の部屋へ

最新の市長ダイアリー

「潮湯の里 夕陽館」の今後について(市長メッセージ)

    潮湯の里夕陽館は、津屋崎町時代の平成13年2月、津屋崎海水浴場において、海水をくみ上げ温めた潮湯の公共入浴施設としてオープンし、その後福津市となってからも多くの皆さまに愛され、ご利用いただいてまいりましたが、建設から15年が経過した平成28年に、市の方針として民営化または閉鎖することとしました。

    その後、私が市長に就任させていただいた平成29年、いったん夕陽館の民営化または閉鎖の方針を見直し、市営施設として残しながら無料送迎バスの廃止や入館料の市内外の区別化、ならびに値上げ等による経営努力をしてまいりましたが、今後の本市財政運営の全体的視点から、愛される施設として残していくためには、民間企業からの発想と事業経営能力、また資金力が必須と判断し、令和元年12月に改めて民営化または閉鎖の方針をださせていただきました。

    この民営化について、これまで市は、夕陽館を民間へ譲渡(売却)する場合の譲渡額や温浴施設の継続などについて譲渡条件等の検討を重ね、昨年10月から12月までの間、募集をおこなってまいりましたが、この譲渡条件に応じていただく民間企業はございませんでした。

    そのため、管理運営を行っている指定管理者との協定が終了する令和4年3月31日をもって、いったん夕陽館の運営を締めさせていただきます。

    しかし夕陽館の建物自体は、まだまだしっかりしており、その立地から、歴史ある海水浴場にある施設、津屋崎地域にとどまらない市の観光にも寄与できる施設として潜在的可能性は高いものであると判断しております。

    今後、夕陽館は建物や土地を民間に譲渡するという選択肢だけでなく、広く民間や地域からの提案も受けて、再生と活用を探り、みなさまから親しまれる施設になるよう努めていく方針でございます。

    この方針につきましては、今後、私より御説明の会を開催させていただく予定です。日時等が決まりましたら広報等で案内させていただきます。

    夕陽館の今後の運営について、何卒ご理解賜りますよう、伏してお願い申し上げます。


令和4年3月28日

福津市長  原崎智仁(直筆)

市長の部屋一覧

このページの作成部署Signature

まちづくり推進室 政策秘書係
〒811-3293 福津市中央1丁目1番1号
市役所本館2階
電話番号:0940-43-8113
ファクス番号:0940-43-3168

メールでのお問い合わせはこちら