防災情報

更新日:2020年06月11日

早めに避難先の検討をお願いします

災害発生時は、命を守るために早めの避難が必要です。

ただし、避難所など密集した環境下では、新型コロナウイルスをはじめ、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎など、さまざまな感染症のリスクがあります。

災害発生時にどのように避難するのか、今のうちに考えておきましょう。感染リスクなどを考慮し、行動してください。

在宅避難

お住まいの地域が、浸水想定区域や土砂災害警戒区域にあたるのか、防災マップで確認してください。自宅の安全が確保できたなら、避難所に行く必要はありません。住み慣れた自宅で生活を続ける在宅避難をお願いします。

なお、在宅避難時は、健康管理に留意し、食料、水、生活必需品や常備薬の備蓄に注意が必要です。

分散避難

自宅が危険な場合でも、避難所が過密状態になることを防ぐため、早い段階で、親戚や知人宅に避難することも考えてください。このような避難所以外へ避難することが、感染リスクを下げるために有効です。

ただし、避難所以外へ避難した場合、自宅に戻っていいのか、災害の状況が分からないといった課題もあります。最新の情報をホームページなどでもお知らせしていきますので参考にしてください。

必要な物資などの持参

避難する際は、感染症の感染防止や自身の健康状態の確認のため、マスクや消毒液、体温計、タオル、歯ブラシといった衛生用品など、避難生活で必要になるものを可能な限り持参してください。

防災計画・総合防災マップ

 市の地域防災計画を平成29年3月に策定しました。

防災すまっぽん!「福津防災」をご利用ください

 防災すまっぽん!「福津防災」では、スマートフォンで福津市総合防災マップやその他の防災情報を確認できます。家族みんなで持ち運びできる防災マップとしてご利用ください。

津波の想定

 県では、津波防災地域づくりに関する法律第8条第1項の規定に基づき、津波浸水想定を設定しています。市の調査結果は次のとおりです。

市の最大クラスの津波想定(西山断層地震)

影響開始時間

地震発生1分後

影響開始時の水位

初期水位から20センチメートル上昇

最高津波到達時間

地震発生8分後

最高津波水位

3.8メートル(東京湾基準標高)
博多湾の潮位は1.16メートルあるため、実際の津波水位は2.64メートル程度

各種防災情報

災害時応援協定

福津市では、地震や台風などによる大規模災害時に迅速に応急対策をおこなうため、被災者支援の意思を有するさまざまな分野の民間企業や各種団体と、災害時応援協定を締結しています。

災害時応援協定締結団体等(PDF:74.3KB)

津波ハザードマップ

洪水浸水想定区域図

外国人のための防災ハンドブック2017年4月発刊

外国人のための防災ハンドブック表紙

地震ハザードマップ

ため池マップ

自動体外式除細動器(AED)の貸し出しについて

 宗像地区消防本部では、市民が参加する各種イベントで参加者などが心肺停止に陥った場合の救急救命活動に備え、救命率の向上を図るため、自動体外式除細動器(AED)を貸し出しています。貸し出し要件や申請方法は、下のURLよりご確認ください。

このページの作成部署Signature

総務部 防災安全課 安心安全まちづくり係
〒811-3293 福津市中央1丁目1番1号
市役所本館2階
電話番号:0940-43-8107
ファクス番号:0940-43-3168

メールでのお問い合わせはこちら