自立支援医療

更新日:2020年04月01日

更生医療(自立支援医療)

 身体障がい者の更生に必要な医療であって、その障がいを除去、または軽減して職業能力を増進し、または日常生活を容易にすることなどを目的とした医療です。心臓手術、人工透析などが該当し、指定医療機関で医療を受けます。

対象者

 18歳以上の身体障害者手帳所持者
心臓、じん臓、免疫、肝臓機能障がいの人は、手帳交付申請と同時に申請ができます。

費用

 身体障がい者本人および扶養義務者の市民税額などによって、一部自己負担があります。

申請に必要なもの

  1. 更生医療支給申請書
  2. 身体障害者手帳
  3. 医師の意見書
  4. 保険証の写し
  5. 障害年金、遺族年金を受給している人は金額を確認できる書類(年金証書、通知書または通帳)
  6. 印鑑

生活保護受給中の場合は、ご相談ください。

問い合わせ

健康福祉部 福祉課 障がい福祉係
電話番号:0940-43-8189 ファクス番号:0940-34-3881

育成医療(自立支援医療)

 18歳未満の児童で身体に障がいがあり、治療することにより障がいの進行を防いだり、障がいの軽減が可能である場合に、必要な医療の給付を行う制度です。医療機関は指定されています。

対象者

 身体に障がいがある18歳未満の児童で、現在かかっている疾患を放置すると将来障がいを残すと認められる児童であって、確実な治療効果が期待できるもの。

費用

 身体障がい者本人および扶養義務者の市民税額などによって、一部自己負担があります。

申請に必要なもの

  1. 育成医療支給申請書
  2. 医師の意見書
  3. 保険証の写し
  4. 印鑑

問い合わせ

健康福祉部 福祉課 障がい福祉係
電話番号:0940-43-8189 ファクス番号:0940-34-3881

重度障害者医療費支給制度

 重度障がい者の健康保険などによる医療費の自己負担分を助成する制度です。ただし、一定の要件があります。詳しくは、障害者医療のページをご覧ください。

後期高齢者医療(後期高齢者医療被保険者証早期交付)

 65歳以上75歳未満の人で、一定の要件に該当する人が早期に後期高齢者医療制度の被保険者となれる制度です。詳しくは、後期高齢者医療制度のページをご覧ください。

精神通院医療 (自立支援医療)

 在宅の精神障がい者に対して、医療費の補助を行う制度です。自己負担額は原則として、医療費の1割ですが、一定の要件があります。ただし、精神障害者保健福祉手帳所持の有無は、この制度とは関係ありませんので、ご注意ください。

対象者

 精神疾患の治療のため医療機関に通院している人
 ただし、入院については対象となりません

申請に必要なもの

  1. 自立支援医療費支給認定申請書(用紙は福祉課窓口にあります)
  2. 診断書(用紙は福祉課窓口にあります)
  3. 障害年金受給者は年金額の確認できるもの
  4. 保険証
  5. 印鑑

有効期間

 この制度には有効期間があり、その期間は1年間です。申請に基づき1年ごとに障がいの状態を再認定し、更新します。有効期限の3カ月前から更新の申請ができます。

問い合わせ

健康福祉部 福祉課 障がい福祉係
電話番号:0940-43-8189 ファクス番号:0940-34-3881

このページの作成部署Signature

健康福祉部 福祉課 障がい福祉係
〒811-3293 福津市中央1丁目1番1号
市役所本館1階
電話番号:0940-43-8189
ファクス番号:0940-34-3881

メールでのお問い合わせはこちら