まちづくり基本構想 テーマ別で探す

更新日:2020年04月01日

まちづくり基本構想とは

「まちづくり基本構想」とは、市が目指す将来像「⼈も自然も未来につながるまち、福津。」と、その実現に向けた7つのテーマごとの目標像・取り組み方針を示したものです。
市では、この目標像を、SDGsの目標年である2030年に合わせ、市が2030年に実現したい未来のイメージを描き、そこを起点に現在を振り返り、今何をすべきかを考える方法で、テーマ別の取り組み方針・基本方針を検討しました。

1.共育「誰もが『未来の創り手』として育つまち」

2. 地域自治「人がつながり活躍する共助と共働のまち」

3. 健康「健康で生き生きと暮らせるまち」

4. 安全安心「安全・安心・快適に住み続けられるまち」

5. 環境保全「自然・歴史・景観などの資源が守られ生かされるまち」

6. 地域産業「地域の産業が経済を支えるまち」

7. 観光振興「福津の魅力を生かした持続可能な観光のまち」

このページの作成部署Signature

まちづくり推進室 経営戦略係
〒811-3293 福津市中央1丁目1番1号
市役所本館2階
電話番号:0940-43-8121
ファクス番号:0940-43-3168

メールでのお問い合わせはこちら

より良いホームページにするために皆さんのご意見をお聞かせください
このページの内容は参考になりましたか
このページの内容は分かりやすいものでしたか