熱中症対策が強化されます

更新日:2024年06月01日

熱中症特別警戒アラートの運用が開始されました

環境省:熱中症特別警戒情報ポスター

 

熱中症特別警戒アラート(熱中症特別警戒情報)は、気候変動適応法の改正により創設された新しい制度です。発表された場合は、広域的に過去に例のない危険な暑さ等になり、人の健康に係る重大な被害が生じるおそれがあります。自分の身を守るだけでなく、危険な暑さから自分と自分の周りの人の命を守る行動をとってください。また今まで運用してきた「熱中症警戒アラート」も同法に位置づけられました。

熱中症特別警戒アラート等が発表された場合、市公式ホームページや市公式LINE等でお知らせします。

※ 暑さ指数(WBGT)とは、人体と外気温、湿度、輻射熱の3要素を用いて算出された指標で、熱中症の発生のしやすさの目安となります。気温とは異なる指標です。身近な場所での暑さ指数を確認したうえで、熱中症予防のための行動を行いましょう。暑さ指数は「環境省熱中症予防情報サイト」から確認することができます。

▶▶▶暑さ指数とは?(環境省 熱中症予防症状サイト)

「熱中症警戒アラート」の発表状況を知るには

熱中症特別警戒アラート等の発表は、気象庁が発表するさまざまな気象情報と同様に、ニュースや天気予報等の多くの手段で知ることができます。熱中症警戒アラートのメール配信サービス登録や環境省公式アカウントによるLINE友達追加により情報を受け取ることができます。

環境省熱中症予防情報サイト(アラート発表状況)

熱中症警戒アラートのメール配信サービス

環境省LINEアプリによる情報配信

熱中症特別警戒アラートが発表されたら

過去に例のない危険な暑さであり、熱中症救急搬送者数の大量発生を招き、医療の提供に支障が生じるような、人の健康に係る重大な被害が生じる恐れがあります。今までの熱中症予防行動と同様の対応では不十分な可能性がありますので、今一度気を引き締めていただいたうえで、準備や対応が必要です。

以下の通りの熱中症予防行動の実施の徹底をお願いします。

〇室内等のエアコン等により涼しい環境にて過ごす。

〇こまめな休憩や水分補給・塩分補給。

〇身近な場所での暑さ指数(WBGT)を確認した上で、涼しい環境以外では、原則運動は行わない等の対策。

〇熱中症にかかりやすい「熱中症弱者」は自ら積極的に対策を徹底し、周囲の方も熱中症弱者への声掛け。

〇管理者がいる場所やイベント等について、暑さ指数(WBGT)など実測の上、責任者が、適切な熱中症対策が取れていることを確認し、適切な対策が取れない場合は中止・延期の検討。

クーリングシェルター(指定暑熱避難施設)について

クーリングシェルター

福津市では、市が指定した施設を一般に開放し、暑さをしのぐ場所としてご利用いただけるクーリングシェルター(指定暑熱避難施設)を設置します。適切な冷房設備と暑さをしのぐために滞在するスペースのある施設です。熱中症特別警戒アラートが発表された場合、極端な高温時における重大な健康被害を防止するため、下記の指定施設を開放します。

指定施設はこちらから確認できます。

指定施設一覧(PDFファイル:3.5KB)

なお、本市では熱中症特別警戒アラートが発表されていない時でもクーリングシェルターを涼みどころ(クールスポット)として利用できますので、ご活用ください。

※自宅にエアコン等の設備があり、涼しい環境が確保できる時は、クーリングシェルターへの移動は必要ありません。

このページの作成部署Signature

健康福祉部 いきいき健康課 健康づくり係
〒811-3218 福津市手光南2丁目1番1号
市健康福祉総合センターふくとぴあ 健康福祉館1階
電話番号:0940-34-3351
ファクス番号:0940-34-3335

メールでのお問い合わせはこちら

より良いホームページにするために皆さんのご意見をお聞かせください
このページの内容は参考になりましたか
このページの内容は分かりやすいものでしたか

このページは探しやすかったですか